電子タバコは無害なの?

電子タバコは無害か?

電子タバコは無害なの?

電子タバコが無害というのは本当なのだろうか?

これは、電子タバコに興味を持った方ならほとんどの方が考えることだと思います。

やはりまず安全性!

わざわざ電子タバコで体に悪影響をおよぼすものを取り込むことはないですよね。

私も電子タバコを購入する前は色々とネットで調べてみましたよ。
電子タバコが無害かどうかと言うことをですね。

結論から言うと、国内で購入できる電子タバコ用のリキッドはまず安心できるということです。

いろいろと調べてみるのも面白いですが、当サイト(おすすめ電子タバコランキング)に記載してある電子タバコ・リキッドはニコチン入りなどの体によくないものが入っている電子タバコは紹介していませんので参考にしていただくと幸いです。

電子タバコが無害とはいっても・・

電子タバコが無害かどうか

電子タバコが無害ならば、

それなら未成年でも吸っていいの?
子供でも大丈夫なの?

と思いませんか?

確かに、体に悪影響を与えるような事はないかもしれません。

しかし、ほとんどのメーカーでは電子タバコの未成年者の利用を推奨していません。

本物のタバコへの興味がより掻き立てられるとか、実際にタバコを吸っているようにみえるので印象がよくないなど様々な理由があると思いますが、周りからの印象が決して良いものではありませんので、ニコチンなどが入っていない無害の電子タバコでも未成年の方は吸うのを避けておいたほうが無難です。

保護者の注意が必要

電子タバコは無害でも・・

電子タバコは通販やホームセンターなどで簡単に購入することができます。
ドンキにも電子タバコが置いてあったのはびっくりしました。

雑貨扱いの電子タバコですが、これならひと目で未成年とわかる人でも簡単に購入できてしまうなあと思ったものです。

電子タバコは普通のタバコとは違って法整備が全然進んでいません。
現在、法的には未成年が電子タバコを吸っても何ら罰せられることはありません。

しかし、その姿を警察に見られたならまず補導されてしまうでしょう
事情を説明すればおとがめも無いと思いますが、とてもめんどくさいことになる確率が高いです。

学校で先生に見つかっても同様です。

というわけで電子タバコは未成年のうちは手にしない方が無難です。

子供さんが成人するまでは保護者の方が見ていてあげてくださいね。

電子タバコが無害というのは国内だけ

電子タバコが無害なのは国内

日本国内で販売されている電子タバコやリキッドはニコチンや有害なものは含まれていない安全なものです。

日本ではニコチンは医薬品に該当しますので、一般に販売はできません。

しかし、ニコチン入りのリキッドや安全性が不十分なリキッドが外国では多く出回っているのでそういうものを個人輸入などで安易に使うのはやめましょう。

どうしても日本で電子タバコでニコチン入りのものを吸いたい!という方には、厳密に言うと電子タバコとは違いますが、アイコスやプルームテックなどの加熱式タバコをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする