ビタシグの副作用・発がん性が心配!?

ビタシグの副作用や発がん性は?

電子タバコ ビタシグの副作用・発がん性が気になるという話をネットで見ました。

ビタシグは使い捨て電子「タバコ」です。
やはりタバコと聞いて、体への害はないかと考えない人はいないと思います。

普通の紙巻きタバコの健康被害はすでにご存知のことだと思います。
肺がんになる確率が上がったり、脳卒中を引き起こしたりなど、いいことは何一つありません。

また、タバコを吸っていない周りの人が副流煙で健康被害を被るということもご存知だと思います。

電子タバコの副作用や発がん性についてはどうなのでしょうか?

ここではビタシグの副作用・発がん性について見ていきたいと思います。

ビタシグは安全です!

ビタシグは使い捨て電子タバコですが、結論から言うと、ニコチンやタールなどは一切含まれていません。

さらに体に害になるような成分は全く含まれていません。

↑このように販売ページも明記されています。

↑Q&Aのコーナーにも記載されていますね。

このように、ビタシグは副作用や発がん性の心配はありません♪
また、受動喫煙の心配もありません。

ですので安全といえる電子タバコです。

使い捨て電子タバコ ビタシグはそれだけでなく女性に嬉しいビタミンやコエンザイムQ10を摂ることができるんですよ♪

とはいっても、ビタシグはどこでも吸っていいわけではありませんよ。

電子タバコを吸う時は喫煙所を利用するなど公共のマナーを守って使うようにしましょう。

また、ニコチンやタールが含まれていないから副流煙の心配はなくても、あなたのそのフレーバーの香りを他の人が全員好むというものではありません。

香りに敏感な方、特に赤ちゃんや小さい子供などには刺激が強いこともあります。

また、妊娠中は控えたほうが良いアロマオイルなどもあり、香りに関しても非常に敏感な時期です。

そういう配慮もできる電子タバコユーザーになりたいですね♪

ビタシグを楽天で最安値で購入する

ビタシグのレビュー記事はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする